スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてワンコの食事セミナー

5月30日

マイミクバジママさんが「良かったら行ってみませんか?」とお誘いをしていただき、
グリーンドッグさん食事セミナーに参加してきました

なんか・・・仕事を辞めてからセミナーというものが久しぶりで
1時間寝ないでちゃんと聞けるか?と心配の声も聞こえてきましたが
眠くもならず、真面目に聞いてきました(笑)
(長くなりますぺこ 私のメモだと思って書きますので、許して下さい顔文字1(背景黒用)


本題へ・・・

病院へ行く前に免疫のある体作り

ドライフードの選び方を教えていただきました。

食とはから始まり。。。生きるための本能の一つで、もっとも自然な栄養補給方法であること。

食事で体を作り、食事があっていないと生活習慣病を発症したり精神状態にも影響を与えると。
(コレは人も犬も全く同じですよねぇ・・・メタボリックシンドロームとか・・・無理なダイエットで
いらいらしたり・・・)

食形態として4つに分類され、それぞれにメリット・デメリットがあることも教えて頂きました。
ドライフード 
        〇総合栄養食・経済的・長期保存が可能 
        ×熱に弱い酵素栄養素が破壊されている・水分減少

加熱調理(家で手作りしている食事等)
        〇新鮮で安全な材料をオーナー自身で選んで調達できる・消化しやすくなる
         ・調整しやすい
        ×熱に弱い酵素栄養素が破壊されている・保存が困難

冷凍(市販されている冷凍食材)    
        〇必用な食材がバランスよく含まれる・手間なく生食
        ×解凍が手間

生肉
        〇旬のもの・新鮮・消化酵素が利用できる
        ×調達(馬肉などは一般的に調達しにくい)・保存が困難
         ・生食を消化できない個体がある

この4つで★☆★なお★☆★家ではドライフードをワンズに与えています。
もちろん、メリット・デメリットは理解しているつもりだし、ドライフードに対して色々な意見が
あることも知りました・・・(衝撃的なことが多くて、一時真剣に悩んだなぁ・・・(笑))
話がそれました・・・焦る3


この次に食性について教えて頂きました。
動物性たんぱく質主体の食事がにはいいそうです。
それは、肉類は消化酵素が含まれていて、は体の構造上、腸管が短いので
吸収されやすいそうです。
の体内で合成することのできない必須アミノ酸も動物性たんぱく質から摂取する
そうです。

穀類・野菜は体内で発酵してから、吸収するので、腸管が短いために吸収されずに排泄されると
便の量が多かったり、臭いが強かったりするそうです。
穀類・野菜を与えるときは、吸収させやすくするためにすりつぶすのが一番良いそうです(^^)
は飲み込める大きさになると丸呑みする動物だそうで、
できるだけすったり刻んだりするほうがいいとのことです電球

ここで私が間違ってたんだぁと反省した点が・・・

うちはドライフードに鳥・野菜(主にキャベツ)をトッピングすることがあるんですけど、
今までキャベツは茹でていました。
けど、茹でたりあたためたりするとビタミンが破壊されたり、ながれだしたりするので「生」で
与えるのが好ましいそうです。
ただ、緑黄色野菜は温めることでβカロチンが↑するので暖めて与えると、ビタミン・カロチンが
摂取できるとか・・・

そういえば・・・家庭科の授業で習ったような・・・専門学校でも習ったような
生でも刻めば吸収できるんであれば、ビタミン類を破壊せずにあげたい・・・
この日の夜から生のきざみキャベツにかわりました(笑)

食の安全性について。
加工食品は表示ラベルで何が入っているかを知る事ができません。
原材料の品質は様々で、人の食品には認められていない保存料を使っていたり・・・
環境による品質の変化が起こりやすいものもあると。

表示で気をつけたいのは、
ミートミール→何の肉かはわからないけど肉が入ってますよという曖昧な表示
動物性脂肪・植物性脂肪→何の油分か?これも何かの油は入ってますよっていう曖昧な表示
家禽肉産物粉→食べれる?けど何かのお肉(特定の食品でアレルギーのある場合、危険)

添加物で気をつけたいのは、
酸化防止剤 BHA ・BHT ・エトキシキン(発がん性があったり臓の機能障害を起こす) 
保湿剤 プロピレングリコール
着色剤 食用赤色3、104、105、106号・食用青色4、5号

安全だと思われる添加物
ビタミンC・ミックストコフェロール・ビタミンE・ローズマリーの抽出物(植物性由来抽出物質)


食事のバランスについて。
これは人間も一緒です。バランスのとれた食事ってとっても大事ですよね。
手作り食を主として食べている場合、塩分や油分の摂取も必要とのこと。
岩塩や無添加の味噌なんかも塩分として与える事が必用なんだそうです。
油分だと、オリーブオイルとか・・・
これにはびっくり!!!でもこれは手作りを主としている
です!!!
ドライフードの場合は塩分も油分も含まれているので必用ありません。

最後に総合栄養食についても教えて頂きました。
ペットの主食として与えられる目的で作られたフード。
袋も光を通さないものや空気を通さない(紙袋とかは駄目)ものが良いと。
中身はそのフードによってはいっているものが違うため、足らない栄養はトッピングなどで
補うようにするといいそうです。


この後質問タイムになり、色々皆さん質問されていました。
その内容と、講師の方が話されていた事を少し書いておきます。
・外で水を飲まない→野菜などでも水分補給は可能
・オーナーさんの飲み物を欲しがる→カフェインなどの刺激物は禁。
・ごはんを食べない→1週間でも与えない。の本能で食べるまで根競べ(笑)
             食べなかったらおやつも与えず決まった時間にごはんを出す。
             水分は摂らせる
・ミルク→牛乳で下痢をするのは乳糖の大きさが大きいから消化されにくいためで
      やぎミルクは牛乳と比べると乳糖が小さいので下痢しにくい。
・トッピングについて
   納豆:植物性たんぱく質で発酵しているから吸収されやすく、腸内の善玉菌も増える
   馬肉:高たんぱくで低カロリー。ダイエットに適している
   生卵:新鮮なものであれば、週1回程度白身・黄身共に与えるとたんぱく質が摂れて◎
       カルシウムも摂れるので殻を洗って乾燥させて砕いて与えると良い
       (殻に付着しているサルモネラが気になったので聞いてみたんですけど、
        はサルモネラが常在菌なので問題ないと・・・)

最後の生卵にはびっくりしました(笑)殻も!?ってえ
思わず、ビールジョッキに生卵ぽいぽいっと放り込んで、仁王立ちして腰に手を当て
一気飲みしている虎太郎を想像してしまったわ 爆笑


長々と書いてしまいました・・・読んでくださってありがとうございました


クリックしてね。お願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
→にほんブログ村
はるちゃんを探してます
→http://kubifurobo.exblog.jp/11316424/
スポンサーサイト

プロフィール

★☆★なお★☆★

Author:★☆★なお★☆★
♪ファミリー紹介♪

★☆★なお★☆★

夫のジャムお兄さん

愛犬ジャックラッセルテリア

 姉さん女房のアイル
 【2007.3.16 ♀】
 草食男子!?の虎太郎
 【2008.3.1 ♂】

  2010.10.17 はっぴ
 【2010.2.?♀】
 を家族に迎えました

愛鳥Love Bird
 ルビー【2009.2.1 ♀】

こんなファミリーの日常を
気まぐれに書いてます(^^)

虹の橋在住
  2007.11.5
  セキセイインコのピーちゃん

  2011.1.9 
  白文鳥のしゃっくり

   

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

 

ジャックの里

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。